アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

再生可能なウイルス:科学と大衆文化におけるHIV分子審美性

ウイルス的審美性の存在はますます健康と病の表現の中に認められるようになってきた。HIVを視覚的に分離するために電子顕微鏡が初めて使用されて以来、「ウイルスの顔つき」は生と死に関する学術的議論や一般的な議論に影響を及ぼしてきた。一般的に、ウイルスは、同定や除去を困難にする迅速で目に見えない伝達、隠ぺい、遺伝子の再コード化および検出や治療を遅延させる「潜伏細胞」の挙動と結び付いている。分子物質の視覚的な分離、除去、制御により、生命を維持するために、異物は視覚的かつ生物学的に制御されるべきである。分子空間の画像化は最近、研究者たちの慣行を変化させた。アルゴリズム、モデル、グラフィカル・インターフェースを用いて、研究者たちは今日では、科学的研究に一般大衆を組み込み、写真ではなくシミュレーションを通して視覚的に分子空間へアクセスできるようになった。フォールディットのようなゲームでは研究手法として対戦プレイを用いる。コンピュータ処理により分子サイズの問題を克服し、HIV/AIDSの流行に応えて開放のためのエイズ連合(ACT UP)により編成された「専門知識」の批判を操作しながら、成功例がいくつか報告されている。本稿では、スカラーがどのように移動し、それらを明らかにする視覚化が実践される様子を示し、一般参加型の研究の可能性は科学的知識の創造における文化的実践力を我々に思い起こさせる。

  • タイトル(英語)
Playable Virus: HIV Molecular Aesthetics in Science and Popular Culture
  • 発表年
2014年
  • 著者
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
9(2)
  • 掲載誌ページ
261-276
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/9/2/261.abstract
  • DOI
10.1177/1746847714526661
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション