アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

精神的-機能的ループ――デジタル時代に再定義されたアニメーション

アニメーションはコンピュータに生命を吹き込みうるか? コンピュータは映画やビジュアルアートを拡張した新たな地平へとアニメーションを導きうるのか? この論文はアニメーションの伝統慣例的な定義とそれが生命感あるものの連続性へとつながっていく様子についての精査に始まり、有機的運動=精神性、そして、無機的運動=機能性といった二つの極点について考える。著者が示すのは、デジタル時代においては、生命感ある運動は、いくつかの度合いにまたがりつつ、運動感覚器官的な諸機能を通じて重要性と意味を持ちうるということである。このことは、物質性についての新しい考え方へとつながる。それはアニメーションの革新的な意義を構築する。その後著者が論じるのは、コンピュータのユニークな機能と結びつくことによって、アニメーションは生命感の二つの両極——精神性と機能性——のあいだにつながりを見出すということだ。アニメーションという分野がデジタル的属性の拡張から多くの利益を受け取りうるのはそのためである。最終的には、様々な時代・様々なメディアにおいて作られた芸術作品について論じることで、この精神性-機能性のループを例証する。

  • タイトル(英語)
The Spiritual—Functional Loop: Animation Redefined in the Digital Age
  • 発表年
2009年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
4(1)
  • 掲載誌ページ
77-89
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/4/1/77.abstract
  • DOI
10.1177/1746847708099742
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション