アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

挿入および結合:実写ドキュメンタリーにおけるアニメーション部分の重要な潜在能力

この論文では、2000年以降作成された主流の商業ドキュメンタリーである実写に現れるアニメーション部分について調査する。「The Age of Stupid」、「ボウリング・フォー・コロンバイン」、「シュガーマン 奇跡に愛された男」、「北朝鮮強制収容所に生まれて」、「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」、および「Everything’s Cool」 を含む映画の考察により、一連のアニメーション部分は「結合組織」または「混乱させる挿入」として機能するが、アニメーションが審美的または存在的に、挿入される実写と全く異なったものであるということが要因となるわけではない。むしろ、他の物語および修辞的部分によって、アニメーション部分の挿入程度が決定される。作者は、究極的には、ドキュメンタリーという形をとった現実主義者の虚勢に挿入することができるアニメーションの性質は、ノンフィクションにおけるアニメーションの重要で政治的な潜在能力を示していると考えている。

  • タイトル(英語)
Interjections and Connections: The Critical Potential of Animated Segments in Live Action Documentary
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
12(3)
  • 掲載誌ページ
272–286
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847717729552
  • DOI
10.1177/1746847717729552
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション