アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

ランダム・ピックアップ

全て見る

アメリカとソヴィエトのアニメーション・シリーズにおける暴力、チェイス、身体の構築

この論文で考察するのは、アニメーション映画における暴力ものである。アニメーション映画製作(アメリカ合衆国とソヴィエト連邦における)の経済的・社会的な文脈は、キャラクターの身体の構築およびダイナミクスとつながっている。チェイスもののアニメーション・シリーズの分析によって著者が示唆するのは、アニメーション化された身体の流動性と可変性に帰着する暴力は、アニメーション映画に固有の特質が表明されたものであり、機能の側面からは、セルゲイ・エイゼンシュテインが言うところの原形質性と似通っているということだ。この特徴は、アニメーション・キャラクターが人間化されるとき、アニメーション映画から消失する。

カロル・イルジコフスキとフェリクス・クチコフスキ:純粋なムーブメントの映画としてのアニメーション(理論)

カロル・イルジコフスキの「10人目の女神:映画の美学的諸側面(1924)」は、ポーランド語での映画としての映画の地位を探求した最初の拡張研究である。この記事では、彼のアニメーション映画の理論に関連するイルジコフスキの本のこれらの側面を調べる。著者が示しているように、イルジコフスキのアニメーションの認識は、ポーランドのアニメーター、フェリクス・クチコフスキ、イルジコフスキのポール・ウェゲナーの映画の賞賛との関係の効果として見ることができる。しかし、議論されるように、イルジコフスキは、絵画と彫刻をしたのと同じように映画を常に芸術と見なすとは限らなかった。ドイツの批判的思想家ルドルフ・マリア・ホルツァッフェルの適切で不適切な芸術の理論であり、イルジコフスキが映画としての彼の見解を芸術として再考したのは、著者の主張である。示されるように、イルジコフスキのアニメーション映画の理論は、主にクチコフスキの作品に精通して開発され、クチコフスキは1916年以来アニメ映画を作った唯一のポーランド人である。現代の多くの芸術の発達に沿って、クチコフスキは彼の映画を「合成映像作品」の原則に従って制作した。彼の革新的なアイデアは、ヤン・レニカやワレリアン・ボロウチクのようなポーランドのアニメーションの重要な人物に影響を与えたと考えられている。イルジコフスキの理論の側面は、1930年代のジャル・クレークとステファン・テイマーソンのようなポーランドの前衛的な映画制作者のの作品に見られる。この記事では、イルジコフスキとクチコフスキの間の関係が、後に出現する映画アヴァンギャルドに関連して見られるように、理論と実践との間の対話を確立するために不可欠であったことを実証する。

よく聞かれるオンライン教育のアニメーションの明示的デザイン特性の類似点とニュアンス

オンライン学習は長年にわたり普及してきており、インターネットを介して学ぶことができるさまざまな方法がある。その1つは、YouTubeなどのオンラインストリーミングサイトからの教育用動画を見ることである。インターネット上での指導用アニメーションの利用可能性の高まりに伴い、受け入れられた指導用アニメーションがどのように設計されているかを知ることは有益である。したがって、この探索的な記事では、明示的なデザインの特性とこれらのアニメーションの視覚的表現の指向性と解釈的なコンテンツ分析の研究のハイブリッドに焦点を当てている。この調査のアニメーションサンプルは、いくつかの基準を使用し、YouTubeの確立された教育アニメーションコンテンツクリエイターから選択された。マルチメディア学習原理の認知理論と解説アニメーションの特徴付けシステムに関連して、設計特性や視覚的表現などの側面を分析し、議論した。このアプローチに基づいて、よく見られるオンラインアニメーションを作成するための共通の特性とユニークなアプローチが見つかった。したがって、これら顕著な設計特性(すなわち、視覚的表現、音声および視覚的合図)を識別し、認識することによって、教育者およびアニメーション設計者は、それらを自分の教育的アニメーションに組み込むことができる。

推薦文献リスト・ピックアップ

全て見る

日本のアニメーション産業は複雑で相互に入り組んだシステム・枠組み・ネットワーク・プロセスによる多面的でユニークなシステムである。アニメが世界各地で起こした社会文化的な影響については多くのことが書かれているし、それぞれの作品の主題分析も多く扱われているが、実際のところ、表面的な部分を超えた諸要素をより適切に理解するためには、さらなる議論が必要とされる多くの側面がいまだに残されている。このリストは、アニメ産業の内部の仕組みや特質について光を当て、より完全なイメージを作り上げるための助けになるであろう情報源である。

アニメーションを視聴する人にとって、アニメーションから受ける心理学的影響は様々である。発達段階に応じてのアニメーション受容があり、こころの問題を抱える人にとっての支援的な役割も持つ。その一方で、作り手側においても心理学的な発達的なテーマが影響している側面もあり、そうした側面を心理学的に紐解くことも可能である。さらには現代のこころの問題を紐解く手がかりとしてアニメーションを捉えることも可能である。

著者・ピックアップ

全て見る

作家・ピックアップ

全て見る

作品・ピックアップ

全て見る

キーワード・ピックアップ

全て見る