アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

表現型アニモーフの開発

モーフ(変身)の表現力は、アニメーションで最も完全に実現されている。これは「アニモーフ」として知られている。アニメーションモーフィングは魅力的な歴史を持っているが、そのような変換を別の変換と直接比較できるようなこの技術の重要な体系化はされていない。この記事では、多様なモーフィングシーケンス間で包括的な比較を行うことができるように、モーフの視覚的表現性を調べるための一貫性があり且つ組織化された方法を提供する、分類学的フレームワークを紹介する。このフレームワークは、「連続アニモーフィング」や複数のモーフを連続して使用することの評価に特に役立つ。この記事では、最初に分類法の各カテゴリを類型化し、次に進歩的な段階の完全な目録に従うことによって、いくつかのアニモーフの詳細な分類学的分析に入ることから始める。事例研究は、連続したアニモーフィングにおける高い表現力が、特に非常に活動的で空間的な変換を通して、一連のオブジェクト関係および機能ベースのミッドモーフを使用するシーケンス内に存在する、という結論を支持している。アニモーフの文体上の発展は、最終的に、フォトリアルまたはデジタルモーフィングの未来を予測する上で有益である。連続的なフォトリアルモーフィングは、連続的なアニメーションモーフィングの歴史において明白な表現力レベルを示していないが、アニメモーフィングの進化は、最終的に、フォトリアルモーフィングの表現力が将来どのように発展するかを示唆している。

  • タイトル(英語)
Developing Expressive Ani-Morphs
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
12(1)
  • 掲載誌ページ
7–27
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847716687991
  • DOI
10.1177/1746847716687991
  • キーワード

関連する一覧

M・クイスト、アマンダ
アニメーション
アニメーションの歴史