アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

ずれる声ー90年代アニメにおける女性キャラクター表象とフェミニスト批評

1990年代、日本のアニメはキャラクター造形のための「視覚的データベース」と「声のデータベース」を洗練させた。通常これら二つのデータベースは、相互補完的に作動し、キャラクターを構築するが、両者がずれる可能性は常に存在し、新しいキャラクター類型を生み出すこともある。「美少女戦士セーラームーン」(1992-97) の天王はるかはその最たるものである。彼女を構成する視聴覚的側面はデータベースから逸脱し続け、彼女にジェンダーの境界を何度も越境させる。東浩紀が指摘する「データベース消費」の傍らで、当時のフェミニスト批評は、動かされ声を与えられるキャラクターの自由を発揮するはるかに鋭く反応し、ジェンダーとセクシュアリティの多様性と可能性を示す身体として受容していた。

  • タイトル(英語)
The Deviating Voice from the Visual: Representations of Female Characters and Feminist Critism in the 1990s' Anime.
  • 発表年
2016年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
17(2)
  • 掲載誌ページ
15-22
  • キーワード

関連する一覧

アニメ