アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

影のスタッフ――東宝航空教育資料製作所(1939-1945)のアニメーターたち

これまで日本のアニメーション史の研究者たちは第2次世界大戦中に作られたプロパガンダの漫画映画に注意を払ってきたが、その時期、軍事訓練用のアニメーションはその2倍も製作された可能性がある。現在のところ、所在が分からないそれらの映画は、東宝航空教育資料製作所に配置換えされた一群のアニメーターによって作られた。時には5~6リールの長さ(およそ48分)、そして8リールという長編規模のケースも一つあったが、それらの作品は、1930年代の1〜2リールの短編と、『桃太郎 海の神兵』(1945)という日本初の長編アニメーションとの間のミッシングリンクである。その内容は、真珠湾を爆撃する予定のパイロットのための戦術上の要領、敵艦を即座に見分ける方法、航空母艦の乗組員のための戦闘プロトコルの案内などを含んでいた。本稿は、現在利用可能な資料から、その「陰のスタッフ」の実態と成果を再構築し、彼らが日本アニメーション産業のナラティブから排除されたこと(と、そのナラティブへ取り戻すこと)を考察する。

  • タイトル(英語)
The Shadow Staff: Japanese Animators in the Tōhō Aviation Education Materials Production Office 1939–1945
  • 発表年
2012年
  • 著者
  • 関連作家
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
7(2)
  • 掲載誌ページ
189-204
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/7/2/189.abstract
  • DOI
10.1177/1746847712438137
  • キーワード

関連する一覧

アニメ