アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

爆発、駆逐、異常――アニメーション化された身体の次元的過剰

不可能性への小旅行を行なうアニメーションは、噴火、爆発、飛行、咆哮する身体をもたらす。アニメーションと特殊効果映画の歴史はこの意味において深く結びついているが、一方、アニメーションにおける物理的に不可能なものを観るという感覚は独自の視覚的・文化的特性を持っている。スラッシュメタル音楽にあわせて走るガイコツを観る経験は、心理的効果の優勢を否定し、それ自身を一種の純粋な装飾へと変容させる。この論文は、アニメーションで描かれる暴力のテクストについての象徴的言説を、とりわけ、マンガ・エンターテイメント社を通じてヨーロッパ、オーストラレーシアにリリースされるアニメにおいて提案する。

  • タイトル(英語)
Explosive, Expulsive, Extraordinary: The Dimensional Excess of Animated Bodies
  • 発表年
2008年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
3(1)
  • 掲載誌ページ
9-24
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/3/1/9.abstract
  • DOI
10.1177/1746847708088732
  • キーワード

関連する一覧

アニメ