アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

事実を元にアニメートする――『ザ・テン・マークThe Ten Mark』(2010)におけるドキュメンタリー・アニメーションの遂行的(パフォーマティブ)プロセス

この論文は、アニメーション映画がいかに現実世界の出来事、人々、場所を再提示・再解釈するかということについての考察を、今日まで見過ごされている領域——パフォーマンスのプロセスとそれがドキュメンタリー・アニメーションにおいてどのように現れるか――にフォーカスを当てることで行う。ここでのパフォーマンスとは、我々が演劇において理解する単純な意味(誰かが役を再演すること)ではなく、アニメーターが、事実のもとづいた素材の解釈のために特定のアクションを演じるという意味である。中心となる問いは以下となる。「パフォーマンス(遂行)」およびそれに関連する「パフォーマティヴィティ(遂行性)」という概念が、アニメーション化された、もしくはノンフィクショナルなアクティングの理解のためにいかに役立つか?アニメーションにおける演技の観念(そしてアニメーティングという演技そのものが例示するパフォーマンス)を考えることでいかなる存在論的な問いが提起しうるのか?リアル/事実をベースとした物語であると主張するアニメーション作品に対し、観客はいかに関係し、解釈し、そして「信じる」のか? この論文は、『ザ・テン・マークThe Ten Mark』という近年の作品をケース・スタディとして用い、これらの問いに対してありうる答えを探求していく。

  • タイトル(英語)
Animating with Facts: The Performative Process of Documentary Animation in the ten mark (2010)
  • 発表年
2011年
  • 著者
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
6(3)
  • 掲載誌ページ
293-305
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/6/3/293.abstract
  • DOI
10.1177/1746847711420555
  • キーワード

関連する一覧