アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

アニメーション化された表現——3Dコンピュータ・グラフィックによる物語アニメーションの表現的スタイル

3Dアニメーション・システムの発展は何よりもハイパーリアリスティックな風潮によって駆動されており、3Dコンピュータ・グラフィック(CG)はこの使命を広範にカバーしてきた。この傾向の対位点として、研究者、技術者、アニメーション作家たちは3Dアニメーション環境から表現豊かな物語的アウトプットを作り出す可能性を探究してきた。この論文が探るのは、こういった文脈における3Dアニメーションの美学、テクノロジー、文化である。CG、神経美学、美術史、記号学、心理学、さらには認知科学への実証的なアプローチまでも綜合しながら、表現性に対する自然主義的ビジュアル・スタイルの性質を分析する。とりわけ、表現豊かなコミュニケーションと感情的な関与に対する手がかりに注目しつつから分析を行う。一点遠近法とフォトリアリスティックなレンダリングという自然主義的3DCGの二つの原則を表現性への潜在的な力という観点から考察し、結論においては、3DCGアニメーションにおける表現美学の未来を考える。

  • タイトル(英語)
Animated Expressions: Expressive Style in 3D Computer Graphic Narrative Animation
  • 発表年
2009年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
4(2)
  • 掲載誌ページ
107-129
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/4/2/107.abstract
  • DOI
10.1177/1746847709104643
  • キーワード

関連する一覧