アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

戦時のウォルト・ディズニー :アニメーション、変容、教化:ディズニーの架空動物兵士の画像

本論文では、セルゲイ・エイゼンシュテインのウォルト・ディズニーについての著作およびアニメ動画における身体的変容に関する研究を理論的枠組みとし、身体的変容と政治的変革の繋がりを大量動員と兵器の使用があった第二次世界大戦下においての漫画の動物の役割を通して探っている。ウォルト・ディズニー・プロダクションが採用した架空の画像やシナリオに対する反響は、不条理さ、そして生から死だけでなく一見異なる政治的イデオロギーの間でも起こる変貌の容易さを明らかにした。第二次世界大戦のプロパガンダや戦時エンターテイメントとして目にするものとその政治的イデオロギーとの間に現れた矛盾に焦点をあて、映画時代以前の動物キャラクターの風刺漫画の系譜を示すことで、著者はディズニーブランドの戦時シナリオで提示された変わりゆく動物性と人間性の表れについて検討している。

  • タイトル(英語)
Walt at War – Animation, Transformation and Indoctrination: The Hypothetical Image of Disney’s Animal Soldiers
  • 発表年
2014年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
9(3)
  • 掲載誌ページ
333-351
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/9/3/333.abstract
  • DOI
10.1177/1746847714546251
  • キーワード

関連する一覧