アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

プロテウスとデジタル:海洋アニメーションでの海水の実質性のスカラー変換

本論文では、海洋とデータベースの論証的かつ概念上の因子を分析する。化学物質と海水の不可欠な特性が「貯蔵される」ものを変換するために役立つ方法を考慮すると、海水が実際に物体に対してすることについて記述するには、流量と流動性の言語では不十分である―それは、これらを外皮で覆い、腐食させ、急成長する生物形態を守るものである。地球と沈渣の言語で知られているアーカイブまたはデータベースの地上の概念を再考し、代わりに多様性のある変換に対する海水の能力に関するデータベースとしての海を考慮するよう海水は求めてくる。海水の多様性のある特性がマクロスケールで意義があるにもかかわらず、ますます顕微鏡的尺度で、抽象概念の複数のプロセスはデジタル性に相応した海水にしている。著者は海水とその実質性の異なる尺度に重点を置くステークを検討し、例として2つの異なるデータ描出/アニメーション(コンピュータ上のGoogle Ocean(コンピュータ画面のサイズに海を縮小)とATLAS (プロジェクションまたはコンピュータ画面のクラスタのサイズまで海洋微生物ゲノムデータをスケーリング))を取り上げる。著者は、メディアの理論は、マクロおよびミクロ尺度でどのように異なり、海水の実質性から進化する可能性があるのかという問いで締めくくっている。

  • タイトル(英語)
Proteus and the Digital: Scalar Transformations of Seawater’s Materiality in Ocean Animations
  • 発表年
2014年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
9(2)
  • 掲載誌ページ
245-260
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/9/2/245.abstract
  • DOI
10.1177/1746847714526671
  • キーワード

関連する一覧