アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

日韓アニメーションの心理分析: 出会い・交わり・閉じこもり

  • タイトル(英語)
Nikkan Animēshon no Shinri Bunseki: Deai, Majiwari, Tojikomori
  • 発表年
2009年
  • 著者
  • 出版社
臨川書店
  • 書籍のウェブページ
http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04023-1.htm
  • ISBN
4653040230
  • Webcat Plus
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/4483441.html
  • カテゴリ
この論文が含まれるリスト

関連する推薦リスト

アニメーションを視聴する人にとって、アニメーションから受ける心理学的影響は様々である。発達段階に応じてのアニメーション受容があり、こころの問題を抱える人にとっての支援的な役割も持つ。その一方で、作り手側においても心理学的な発達的なテーマが影響している側面もあり、そうした側面を心理学的に紐解くことも可能である。さらには現代のこころの問題を紐解く手がかりとしてアニメーションを捉えることも可能である。

関連する一覧