アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

”彼の声”と二人の天使:正義批判論としての『009 RE: CYBORG』

数多くの映画がしばしば、正義という概念への懐疑と共に、正義にヒーローを描いている。『009 RE: CYBORG』(神山健治、2012)はそのジャンルに属しながらも、少々奇抜な方法によって非常に明快な映像と音響を介しながら、正義についての別の考えを示す。本稿は、「暴力批判論」(ベンヤミン)や『法の力』(デリダ)を参照することで、その映画ないの奇抜さを、暴力の表象を問うているものとして、考察する。この暴力の表象はまた、隠蔽という作用と一体になることで、”正義”という概念を成り立たせる中枢的条件となっている。暴力の表象への問いは、この作品内で、次に二つの主要な映画的表現方法により展開される。1つ目は、”彼の声”についての音響的表現方法である。それは、聞いた者を暴力的な正義の実行へと強制する。2つ目は、天使に関する視覚的構成である。それは、主人公”ジョー”を、正義の単なる表象から逃しながら”彼の声”との新しい関係を作り出す場所へと、連れてゆく。このような分析に基づいて、この論文は次のように結論付ける。即ち、このアニメーションが描くヒーローの表象は、正義の現前を掲げながらそれを実行することに抵抗する自身の力を獲得している。

  • タイトル(英語)
HIs Voice and Two Angels: 009 RE:CYBORG an a Critique of Justice.
  • 発表年
2016年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
18(1)
  • 掲載誌ページ
3-14
  • キーワード

関連する一覧