アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

ライアンを再演する――ファンタスマティックとドキュメンタリー・アニメーション

本稿では、ドキュメンタリーとして理解される作品において、ステージ上での再演を用いるという関連からドキュメンタリー・アニメーションについての議論を行なう。議論のために主に依拠するのは、ドキュメンタリーにおける再演についてのビル・ニコルズの近年の考察である。そこで彼はドキュメンタリーの再演について、「ファンタスマティック」かつ再帰的な性質を持つと語っている。これらの性質はアニメーションにおいて鍵となる属性と緊密につながりあい、ドキュメンタリー・アニメーションを、重要かつ興味深いハイブリッドな創造的形式とする。鍵となる概念はクリス・ランドレスの『ライアン』(2004)をケース・スタディとして適用される。この作品においてランドレスはファンタスマティックなビジュアルを展開することで、ドキュメンタリーにおける真面目さという慣例的な言説を不安定化させ、その鏡的な言説である譫妄状態の方向へと進んでいく。そして部分的には、視覚的シミュレーションという領域におけるアニメーション(さらにはアニメーション・ツール)の現状を探っていくことになる。

  • タイトル(英語)
Reenacting Ryan: The Fantasmatic and the Animated Documentary
  • 発表年
2011年
  • 著者
  • 関連作家
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
6(3)
  • 掲載誌ページ
277-292
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/6/3/277.abstract
  • DOI
10.1177/1746847711416561
  • キーワード

関連する一覧