アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

トリックという問題――初期のドローイング・アニメーションは映画のジャンルなのか、それとも特殊効果なのか?

著者は、トリックフィルムの系譜の中にアニメーションの登場を位置づけることによってアニメーション映画史を再考するため、映画史を線型的に理解することを放棄する。初期のカートゥーン・アニメーションに関する言説(たとえば、業界紙から見つかる評論的および広報向けの言説)を分析すると、それらの映画が独自のジャンルとしてではなく、ほかのトリックフィルムに似たものとして看做されていたことが分かる。それでは、トリックフィルムがほとんど制作されなくなった1910年代半ばにおける初期のカートゥーン・アニメーションの人気はどのように説明しうるだろうか?ちょうどトリックフィルムが既にほとんどなくなっていたとき、様々な「トリックフィルム」、つまりアニメーションによるドローイングの人気をどのように説明しうるのだろうか?本稿では、それらの問題を提出するために、アニメーションによるドローイングへの見方がどのように変容していったか、その過程を検討する。特に著者が試みるのは、アニメーション化されたドローイングをトリックフィルムとして看做す段階から、結果的にそれらが一つのジャンルとして制度の中に収められていく段階までの推移を概略することである。

  • タイトル(英語)
A Trick Question: Are Early Animated Drawings a Film Genre or a Special Effect?
  • 発表年
2011年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
6(2)
  • 掲載誌ページ
163-175
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/6/2/163.abstract
  • DOI
10.1177/1746847711407624
  • キーワード

関連する一覧