アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

日本の映画館で上映された最初の(海外)アニメーション映画について

1933年、映画批評家の吉山旭光は、1909年の『ニッパールの変形』という映画が、日本の映画館で上映された最初の(欧米の)アニメーション映画であったと主張した。2001年にはアニメーション史家の渡辺泰が、1912年4月15日に東京の浅草帝国館で初演された『ニツパルの変形』という映画を挙げるも、この映画を特定するための詳細が十分ではないと述べていた。そして2012年12月、『ニッパルの変形』がエミール・コールの1911年の映画『LesExploits de Feu Follet (鬼火の冒険)』であり、他国ではrTheNipper’s Transformations (ニツパーの変形)』として上映されていたことを確認できた。本稿では、『ニッパーの変形』が日本の映画館で最初に上映された西欧のアニメーションであることが特定された過程を遡り、さらに「日本の映画館で上映された最初のアニメーション映画」作品として他にありうる候補について考察する。

  • タイトル(英語)
On the Earliest (Foreign) Animation Films Shown in Japanese Cinemas
  • 発表年
2013年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
15 (1A)
  • 掲載誌ページ
27-32
  • 掲載誌ウェブページ
http://www.jsas.net/index_JJAS.html
  • キーワード

関連する一覧