アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

雲のアニメーション

雲は生き生きと変化しづつける、一過性の、常に動いている形状を持つ。雲は、特に絵画において、長い間想像の対象であり続けた。ジョン・コンスタブルの絵画に見られるように、絵具、特に水彩絵具は、雲が空に溶け込むように厚い画用紙にしみこんでいく。20世紀になると雲は映画に取り上げられるようになった。ハリウッドの映画スタジオのロゴには雲が使われていることが多いのは注目すべき事柄といえる。コンスタブルからハリウッドのロゴまで描かれているのはロマン主義の雲である。雲は漂い、浮かび、天候によって独特の雰囲気やムードを醸し出す。しかし、雲はこのデジタル時代においても様々な方法で表現されている。雲は商業アニメーション・スタジオにおいてデジタルで作成され、漫画の主役として使用されてきた。雲は建築や造園など商業用にも使用可能であり、アニメーション制作者によっても作成されている。この論文では、低俗でばかばかしいものもあることは否めないが、これらの作品をデジタルの雲が新しい実体として現れる時代の象徴として考察を試みる。デジタル時代の雲は、3Dプリンターのように想像可能な形状の源である。何か別の物の象徴というより、むしろそれ自体の象徴を生成するものとなっている。今日、我々はクラウドと呼ばれる巨大な雲の象徴と共に、あるいはその内部で生きている。空にある雲はどのような形でクラウドと呼ばれるプラットフォーム全体に働きかけ、どのような意味を持つのであろうか。アニメーションでの雲のデジタル化、およびクラウドの技術を使用したアニメーション制作では何が起こっているのか。我々はすべての制作が移転し、デジタル化された雲がすべてを決定する合成された天国の創造を目の当たりにしているのだろうか。

  • タイトル(英語)
Cloud Animation
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
12(3)
  • 掲載誌ページ
230–243
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847717740840
  • DOI
10.1177/1746847717740840
  • キーワード

関連する一覧