アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

「表現の新しいモード」――1930年代フランスのアニメーションに関する思考

1930年代のフランスで、大衆出版と映画雑誌はアニメーションについての活発かつ多面的な議論を提供した。本稿は当時の言説の内部において、アニメーションが一つの新しい芸術形式としていかなる表現的潜在力を持つものと考えられ、どのような展望によって眺められたのかを調査する。また、同形式に関する様々な考えが、アニメーション美学、アニメーションと他の芸術・文化形式との関係性、アニメーションの歴史という見地から、どのように表現されていったのかを追跡する。アニメーションの受容と言説に焦点を当てたアニメーション史の研究方法を進展させることで、本稿は、アニメーションに対する観念が文化的にいかに形成されたのかを詳述する。

  • タイトル(英語)
‘This New Mode of Expression’: The Idea of Animation in 1930s France
  • 発表年
2013年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
8(1)
  • 掲載誌ページ
7-21
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/8/1/7.abstract
  • DOI
10.1177/1746847712473805
  • キーワード

関連する一覧