アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

人類学の視線を通してアニメーションを読む――サハラ以南アフリカ・アニメーションに関するケース・スタディー

本稿の狙いは、人類学が、現在西欧の学術的言説において流通している支配的なパラダイムから距離を置く一群の新しい批評的モデルを、どのようにしてアニメーション研究に提供できるかという主張を示すことである。筆者は、アニメーションを読み解く際、それらのモデルがどのように利用できるかを議論し、アニメーションを読み解くことへの学際的なアプローチの利点を広く知らせる裏づけの事例として、サハラ以南地域のアニメーションを活用する。このようなアプローチは、人類学からアニメーション研究へ、アニメーション研究から人類学へという二つの方向性を持つ。本稿は、アニメーション理論はどのように人類学から利得を得そうな形勢にあるかを示し、そこでまた、アニメーションは視覚的人類学における研究者の方法論の中にどのように含まれ得るかを説明する。

  • タイトル(英語)
Reading Animation through the Eyes of Anthropology: A Case Study of sub-Saharan African Animation
  • 発表年
2012年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
7(2)
  • 掲載誌ページ
113-130
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/7/2/113.abstract
  • DOI
10.1177/1746847712439281
  • キーワード

関連する一覧