アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

描かれた声

本稿は、『ストレンジャー・カムズ・トゥ・タウンStranger Comes To Town』 (2007)のメイキングにおけるイメージ、セリフ、思索を提示するものである。この映画は、6人の移民者や旅行者がアメリカ合衆国への国境を越える経験について語る様子を中心に据えたドキュメンタリー・アニメーションだ。著者は、10枚のイメージを選び、そこにそれぞれのインタビュイーの言葉を書き写したものを添える。その後に続くのは、アニメーションを制作していくプロセス(作り上げられたイメージを語り手の「リアル」な声に同調させていくというプロセスから著者が拾い上げたもの、つまりアニメーションにおいて声とテクストはを拮抗す様々な異なる方法)、もしくは、ドキュメンタリーという形式において主観的な手描きのアニメーションを用いるというの破壊的な(驚くべきほどに)所作に関する思索である。

関連する一覧

ゴス、ジャクリーン
ジャクリーン・ゴス
ストレンジャー・カムズ・トゥ・タウン
アニメーション・ドローイング
アニメーションとドキュメンタリーのハイブリッド
実験的ドキュメンタリー
映画作家のイメージ/テクストによるエッセイ
ジャクリーン・ゴス
『ストレンジャー・カムズ・トゥ・タウン』