アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

美術電影を偲びながらの記憶に――中国アニメーションの理論化における濫喩とメタファー

この論文が行うのは、中国の美術電影の制作・理論化における歴史上の濫喩と文化的メタファーを、民族的/国民的スタイルに関する社会主義的・芸術的言説との関連から考察することである。「中国派」が提起したいくつかの問題を精査することで著者が探求するのは、美術電影を、ナショナリズム的なアイデンティティを生み出すための強力なメタファーとして概念化および構成するということである。このアイデンティティは、視覚芸術と社会主義国家の言説を、アニメーション映画の制作における中国的な美学の再創出のための共有空間へと持ち込むものである。本稿において著者が議論するのは、中国の美術電影が、中国におけるビジュアルの歴史における国民化されたユニークな形式として同定され、それが国民的/民俗的スタイルを概念化・仲介すると同時に、社会主義的文化・政治内部において同スタイルが生き延びることを助けてきた言説ベースの美学的一派を構成したことである。

  • タイトル(英語)
In Memory of Meishu Film: Catachresis and Metaphor in Theorizing Chinese Animation
  • 発表年
2009年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
4(1)
  • 掲載誌ページ
31-54
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/4/1/31.abstract
  • DOI
10.1177/1746847708099741
  • キーワード

関連する一覧