アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

ヴェルナー・ネケス・コレクションから選ばれた「目、嘘、イリュージョン」展におけるアニメーションの歴史と利用についての考察

メルボルンのオーストラリアン・センター・フォー・ムービング・イメージ(ACMI)とロンドンのヘイワード・ギャラリーで開催された展覧会「目、嘘、イリュージョン」は、ドイツの実験映画作家ウェルナー・ネケスの二万点にも及ぶ視覚玩具、科学的装置、アンティークの本、視覚的エンターテイメントのコレクションから選ばれたものである。この論文は、死後の世界の信仰についての歴史的軌跡を、「アニメーション」――自律的に動いている対象であれば何でも魂を付与してしまうこと――に関連し考察することからスタートする。第二節では、アニメーション技術が近代における先祖返りの信仰の存続への証言となることが示唆されるだろう。第三節では、アニメーションにおける技術と魔術の近接性を提出しつつ、「アニメーション」という用語をより拡張して用いることを提案する。

  • タイトル(英語)
Observations on the History and Uses of Animation Occasioned by the Exhibition Eyes, Lies and Illusions Selected from Works in the Werner Nekes Collection
  • 発表年
2008年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
3(1)
  • 掲載誌ページ
49-65
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/3/1/49.abstract
  • DOI
10.1177/1746847708088735
  • キーワード

関連する一覧