アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

アニメーション研究における実技-理論の関係性に関する幾つかの考え

本論文は、三つの枠組みを通してアニメーション研究における理論と実技=実践(practice)との関係性を調べる。その三つとは、正統的周辺参加、批判的=臨界的(critical)実践、再文脈化である。本論文の包括的な主張は、アニメーション研究が「学際的」な方法で理解されるべきということであり、そしてそうした理解は、 類似した或いは関連した見地で実践(=実技)の異なる複数のコミュニティがどのように作用するのかを評価することを意味する。本論文は、アニメーション研究の分野で働く人々によって使われる言説のマッピングを始めるためにつくられた、電子メールによる討論グループのデータに拠っている。テクノロジーにおける認知された役割にとりわけ関心が払われたその議論は、実に批判的なアニメーション研究コミュニティ(つまり理論と実技に同じ程度の注意を払うコミュニティ)の発展を妨げると見られる複数の方法がその関心の的になっている。

  • タイトル(英語)
Some Thoughts on Practice-Theory Relationships in Animation Studies
  • 発表年
2006年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
1(2)
  • 掲載誌ページ
229-245
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/1/2/229.abstract
  • DOI
10.1177/1746847706065845
  • キーワード

関連する一覧