アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

アニメーションと聖地巡礼を知るための10の文献

山村高淑

アニメーション作品の視聴がきっかけ・動機となり、その作品の舞台地・モデル地あるいはゆかりの地を訪問する行為、いわゆる「アニメ聖地巡礼」という語は、今やすっかり人口に膾炙した。また、国際的にもファンのみならず研究者の間で、日本における「アニメ聖地巡礼」の動向に注目が集まりつつある。ここでは、アニメ聖地巡礼を構造的に理解するうえで有用と思われる入門書を、ツーリズム研究分野を中心に内外から集めた。

山村高淑(やまむら・たかよし)
北海道大学観光学高等研究センター教授

北海道大学観光学高等研究センター教授。専門は観光開発論、コンテンツツーリズム論、ヘリテージツーリズム論。博士(工学)。民間企業勤務、京都嵯峨芸術大学教員などを経て現職。人と人、過去と現在を結ぶ仕組みとしてのツーリズムに着目。特にアニメ等のポピュラーカルチャーをきっかけとした人の流動が、地域の伝統文化の再生・再評価に果たす可能性について、内外のフィールドワークを通した研究を展開中。http://yamamuratakayoshi.com/