アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

大ヒットアニメで語る心理学:「感情の谷」から解き明かす日本アニメの特質

  • タイトル(英語)
Psychology as Relayed by Major Hit Anime: The Characteristics of Japanese Anime That Resolve the “Emotional Valley”
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 出版社
新曜社
この論文が含まれるリスト
横田正夫

アニメの主人公たちは、激情の末に無意識の世界に落ち込み、そこでその無意識世界に外部から入り込んできた援助者に出会うことによって、覚醒し、より大きな人格的な発達を示すという「感情の谷」理論を展開した。

関連する推薦リスト

アニメーションを視聴する人にとって、アニメーションから受ける心理学的影響は様々である。発達段階に応じてのアニメーション受容があり、こころの問題を抱える人にとっての支援的な役割も持つ。その一方で、作り手側においても心理学的な発達的なテーマが影響している側面もあり、そうした側面を心理学的に紐解くことも可能である。さらには現代のこころの問題を紐解く手がかりとしてアニメーションを捉えることも可能である。

関連する一覧