アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

アニメーション:世界史

この論文が含まれるリスト
ジャンアルベルト・ベンダッツィ

この三巻本の研究書は、この種のものとしては最も規模が大きく、同時に深く、最も包括的なものであり、アニメーションは学術研究に値する芸術形態であるという考えに基づいている。ロシア、アフリカ、南米、その他しばしば看過される地域について、さらにはそれまで発見されずにいた50名を超える作家たちについて、読者たちに垣間見せる。直接の取材による話、これまで調査されていなかったトピック、他では読めない情報に溢れたこの本は、3つの世紀にまたがるアニメーション制作の歴史について、すべての大陸を網羅する。英語。

関連する推薦リスト

世界アニメーション史を知るための10の文献

ジャンアルベルト・ベンダッツィ

「基本」というものが何かを言うのは難しい(私にとって? 皆にとって? 現在? それともオールタイム?)。「基本」が何かというのは文脈によって決定されるわけだし、すべての文脈は同じではない。私は常に、違うソースから採ってきたアイデアを組み合わせてきた。「アニメーションに直接関係する文献でなくてもよい」という注意書きがあったので、私個人がお気に入りで、私におって参照すべきと思われた本も含めている。

関連する一覧