アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

実験的アニメーション:新しい芸術の起源

今世紀初頭に製作された初期の抽象的アニメーション映画から技術志向の映画の最新作まで、映画界のアニメーションの包括的なアンソロジーがここに詰まっている。ここでは、50件以上のインタビューと、38名の革新的なアーティストや映画製作者の作品の詳述を含めた初の人物レポートがまとめられている。アレクサンダー・アレクセイエフ&クレア・パーカー、ハンス・リヒター、ヴィキング・エッゲリング、オスカー・フィッシンガーといったパイオニアたちが、最近のアバンギャルドのロバート・ブリアー、ハリー・スミス、スタン・バンダービーク、ピーター・フォルデス、エド・エムシュウィラーと並んでいる。約300枚のイラスト、フィルモグラフィ、専門用語集、配給業者のリストも掲載された本書は、新生の芸術のための初の重要史料集となっている。

  • タイトル(英語)
Experimental Animation: Origins of A New Art
  • 発表年
1988年
  • 著者
  • 出版社
Da Capo Press
  • ISBN
0306803143
  • Webcat Plus
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/6286846.html
  • カテゴリ
この論文が含まれるリスト

関連する推薦リスト

当初「日本のアニメーション学を形成してきた10の文献」を考えたが、1980年代初めに至る黎明期に参照された文献と改めた。(1)1960年代前半迄の訳書を含む当時“古典的”位置付けのもの、(2)アニメーションプロパーが基本図書とし伝説的なF&FFなど同人の流れにあるもの、(3)実験映画・実験アニメーション、創作関連、(4)映画史・アニメーション史関連、(5)基盤の一つ映画学・映像学の文献の5グループ(+xは書名のみ)。

関連する一覧