アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

日本市場における CG アニメーションの現状ーー『楽園追放 Expelled from Paradise』を中心にーー

これまで日本市場では、国産の CG アニメーションはヒット作に恵まれなかった。しかし、2014年は、映画の『楽園追放 Expelled from Paradise』や『Stand by Me ドラえもん』、 TV シリーズでの『シドニアの騎士』や『山賊の娘ローニャ』と話題作が公開・オンエアされた。これまでのように国産の CG アニメーションが単発で作品をリリースしていた時代と異なり、作品群が立て続けにリリースされ、 CG アニメーションを観る機会と見慣れる環境が集中的に出来上がった。また、 CG アニメーターの力量の向上により質の高い CG アニメーションが制作され、日本市場にフィットした作品群が登場したと言える。本稿では、日本の CG アニメーション市場の動向を『楽園追放 Expelled from Paradise』を中心に分析する。

  • タイトル(英語)
Present Situation of CGI animation in the JapaneseMarket: A Case Study of Rakuen Tsuiho: Expelled from Paradise.
  • 発表年
2016年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
18(1)
  • 掲載誌ページ
33-47
  • キーワード
この論文が含まれるリスト

関連する推薦リスト

3DCG全般として歴史・産業・技術についての書籍を選出し、CGアニメーションに関しては世界を代表するピクサー関連書籍と日本のCGアニメーションを理解する上で必要な書籍を選出した。

関連する一覧