アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

手塚治虫のリミテッド・アニメーションの技法の分析 ――『ある街角の物語』を中心に

『ある街角の物語』(1962)は手塚治虫(1928-1989)の最初のアニメーション作品である。ここでは、同作品の映像分析を通して、手塚のリミテッド・アニメーションの再評価を試みた。分析の方法としては、オープニングのいくつかのシークエンスを取り上げ、内容ではなく、そこで使われているアニメーションの技法の分析をした。さらに、「アトム誕生」(『鉄腕アトム』第一話、1963)他、手塚が影響を受けた作品、または同時代の作品として、『ピノキオ』(1940)、「宇宙からの訪問者」(『マイティ・マウス』のエピソード、1959)、そして『わんぱく王子の大蛇退治』(1963)を取り上げ、冒頭に使われている技法を分析、比較した。分析結果は、『ある街角の物語』で使われたリミテッド・アニメーションが単なる経済的な手段にとどまらないことを示している。手塚は様々な表現の可能性を追求し、本作品に美的価値を与えている。

  • タイトル(英語)
Analysis of Tezuka Osamu’s Limited Animation Technique with a Case Study of Tales of a Street Corner
  • 発表年
2013年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
15 (1A)
  • 掲載誌ページ
15-26
  • 掲載誌ウェブページ
http://www.jsas.net/index_JJAS.html
  • キーワード

関連する一覧