アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

セルアニメーションの生態心理学的情報

多くのアニメーションは、ある種の自然事象である。アニメーターたちは、彼らの専門的な技術を用いながら、自然事象の一部をアニメーションにおいて記録する。本稿では、かつてJ.J.ギブソンが提案した知覚および行為への生態学的アプローチの概念上で、セルアニメーションにおける自然事象の情報を議論する。ギブソンの指摘によると、環境は包囲光で満たされ、後者は光学的配列を構成する。対象の表面は光を反射し、そうすることによって光学的配列の構成要素は表面に独特なものになる。自然事象は表面の動きを含む。それらの動きは光学的配列に変形をもたらす。変形は事象の形成における独特なものとして不変項であろう。風における空気の流れを考えると、空気は目に見えないが、風は環境の中に可視的な変化をもたらす。そこで提案されるのは、風速の知覚が表面の変形に基づいており、流体力学で開発された無次元数、つまりレイノルズ数に関連するということである。風を描写するいくつかのアニメーションをテスト分析することによって、レイノルズ数に関連する独特な変形パターンは風速を明示しうることと、風は秩序と不規則性両方の性質をもっていることが分かった。本稿の調査によって視知覚の研究と共にアニメーターの技術に関する説明が可能になると思われます。

  • タイトル(英語)
The Ecological Information in Cell-animation
  • 発表年
2001年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
3 (1A)
  • 掲載誌ページ
5-16
  • 掲載誌ウェブページ
http://www.jsas.net/index_JJAS.html

関連する一覧