アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

ノーマン・マクラレン関連の文献整理

本報告は、これまで日本を含む各国で発表されたマクラレン関連文献を収集・整理し、今後の研究に資することを目的としたものである。実験アニメーションの分野を開拓・発展させたノーマン・マク ラレンに関する研究は、これまで諸外国では進んでおり、多数の論文やインタビュー記事が発表されている。しかしながら日本では、彼の作風や独創性を讃美することはあっても、体系的な研究が成立しているとは言えない。圏内の文献は、マクラレン作品の独創性を解説したもの、あるいは作品を見たときの印象を記述したものが大多数で、彼が他界した1987年以後は、発表された文献も極端に少ない。一方、諸外国の文献は、マクラレン作品の独創性について論じた文献も多いが、特に彼の死後は、そうした独創性への礼讃志向とは異なる立場や、これまで知られていなかった彼の側面を発掘しようとする等、新たな展開を試みた文献が発表されはじめている。

  • タイトル(英語)
An Arrangement of Literature Related to Norman McLaren
  • 発表年
2000年
  • 著者
  • 掲載誌
アニメーション研究
  • 掲載誌巻号
2 (1A)
  • 掲載誌ページ
41-46
  • 掲載誌ウェブページ
http://www.jsas.net/index_JJAS.html

関連する一覧