アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

动は動き、画は絵画―中国の动画に関する調査への領域横断的アプローチ

この論文では、文化的多様性に欠ける長年のアニメーションの定義に対する問いかけを行う。あまり知られていない中国の地域からの現代アニメーションの社会文化的形成を再調査し、『动画』と呼ばれる中国のアニメーションについて検証する。現代中国の視覚文化の異種混合現場とのダイナミックな対話を通して取得された『动画』の学術的特質を示すことが目的である。著者は、中国のアニメーションをより正確に描写するため、概念に基づいた枠組みを提案する。これは、动画の3つの具体的な特徴である言語を超えたもの、国家を超えたもの、そしてメディアを超えたもので構成される。动画の研究によって「アニメーター」の異なる『文化的分野』のより広範囲に定義された領域が生成され、今日の急激にモバイル化している世界に対応する「地域を超えたアニメーションのイメージ」を作り出すであろう。

  • タイトル(英語)
Dong for Movements, Hua for Paintings: A Transdisciplinary Approach to Investigating Chinese Donghua
  • 発表年
2018年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
13(3)
  • 掲載誌ページ
207-220
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847718809671
  • DOI
10.1177/1746847718809671
  • キーワード

関連する一覧