アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

アニメーションはどのようにしてライトニング・スケッチに勝利したか―「愉快な百面相」再考

ジェームズ・スチュアート・ブラックトン(James Stuart Blackton)監督(1875-1941)の1906年発表の短編映画『愉快な百面相(Humorous Phases of Funny Faces)』は、アニメーション映画のもっとも初期の実例である。この論文では、この映画の影響を、カメラの草分け的な使用方法を超えた別の見地から検証する。著者は、ブラックトンの映画は後続のアニメーション作品、特にアニメーションのキャラクターのデザイン原則を打ち建てたと考えている。この議論をサポートする目的で実行されたブラックトンの映画の分析は、スコット・マクラウド(Scott McCloud)の多大な影響力を持つ著作『マンガ学(Understanding Comics: The Invisible Art)』(1993)に基づいている。また、この論文では、マクラウドの「マンガの用語(Vocabulary of Comics)」の修正された方法を提供し、ブラックトンが今日まで使用されているアニメーションキャラクターのデザインにおける基本的構成要素をどのようにして導入したかを示す。これは、文化固有の項目が重ね合わせられる感情的、普遍的な核に依存するものである。さらに、ブラックトンはアニメーションキャラクターの外見および演技を通じて、アニメーションキャラクターのデザイン過程をそのような構成要素に分解し、その重要性を強調した。

  • タイトル(英語)
How Animation Won Over the Lightning Sketch: Re-Evaluating Humorous Phases of Funny Faces
  • 発表年
2018年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
13(2)
  • 掲載誌ページ
162-174
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847718783641
  • DOI
10.1177/1746847718783641
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション