アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

幼少期とメディアの表象―韓国アニメーション「小さなペンギンポロロ」はどのようにして家父長的な家族のイデオロギーを再生産しているのか

この研究は、韓国の教育的娯楽アニメーション『ポンポンポロロ』の50回分のエピソードを分析し、文化的、社会的意義を検証するものである。この論文では、『ポロロ』の物語や美意識におけるジェンダーの固定観念を分析するだけではなく、社会的言説のより大きな枠組内でこれらの特質を調べ、『ポロロ』に関する初期の研究を拡張する。『ポロロ』は大人の介入なしに子供たちの間で友情を構築していくように見えるが、韓国における家族関係やそれに対する大人の見解を明らかにする機能を実際には反映している、ということを著者は見出した。韓国の典型的な家父長制家族内に大人と子供のキャラクターを配置することにより、『ポロロ』は今日の韓国における家父長制家族の理念を再生産している。したがって、この研究は、子供のメディア、性役割、および子供時代の社会学の分野に貢献するものである。

  • タイトル(英語)
Early Childhood and Media Representation: How does South Korean Animation Pororo the Little Penguin Reproduce Patriarchal Family Ideology?
  • 発表年
2018年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
13(2)
  • 掲載誌ページ
116-130
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847718783643
  • DOI
10.1177/1746847718783643
  • キーワード

関連する一覧