アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

ヤン・シュヴァンクマイエルの「ドン・ファン」(1970年)-親密なオブジェとしての操り人形

人形劇は多くの芸術家や作家を虜にした。しかし、この謎めいた形状と折り合いをつけるのは困難である。緊張感と競合によって特徴付けられている形状は安易に定義しにくい。この論文では、外在する形態と内在する人形のドラマ上の人生の間に生じる緊張、複雑な二重の人生を持つ、人形形態を形作る2つの実存的状態に焦点を当てる。内部世界と外部世界の対話の流れを再び試みるという逆説は、介在という現象との関係において論じられる。人形劇、舞台、映画、およびオブジェクトアニメーションなどの異なる表現形態の介在連結の中で、人形劇の形態は親密的な空間として機能する。介在的な交流の具体例は、人形形態に対する認識と感情という最も親密な関係を比喩的に表現する。映画で操り人形を使用した最も素晴らしい例である、ヤン・シュヴァンクマイエル(Jan Švankmajer)の『ドン・ファン(Don Šajn)』(1970)を研究すると共に、映画評論家であるマイケル・オプレ―(Michael O’Pray)の映画に対する見解、アンドレ・ブルトン(André Breton)の通底器の概念、ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze)によるバロックの襞の概念、ポール・リクール(Paul Ricoeur)の解釈学的現象学などを読み込むことで、これらの思索を展開させる。

  • タイトル(英語)
Jan Švankmajer’s Don Šajn (1970): Puppets as intimate objects
  • 発表年
2018年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
13(1)
  • 掲載誌ページ
35-52
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847718761160
  • DOI
10.1177/1746847718761160
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション