アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

メディア・ミックスの動員: 社会的動員と妖怪ウォッチ

日本において、テレビのアニメーション作品は、「メディア・ミックス」またはトランスメディアの必要不可欠な要素とみなされている。さまざまな状況で、このようなテレビ番組は「30分のコマーシャル」または「番組の長さのコマーシャル」と認識されてきた。この論文では2014年のアニメである「妖怪ウォッチ」を取り上げ、アニメの物語としてではなく、総動員を目的とした呼びかけの一部として検証する。日本におけるメディア・ミックスの先導者である角川春樹は、メディア・ミックスのモデルは、ヒトラーの国家主義終盤のおける「国家総動員」のファッション、音声、イメージから採ったものであるという扇動的な発言をしたが、この論文では、「妖怪ウォッチ」を国家総動員という概念におけるメディア・ミックスとして検証する。作者は、「妖怪ウォッチ」の商品、ゲーム、およびアニメーションの詳細な分析を通じて、年少者たちを対象としたこのメディア・ミックスの最終段階は、収集中心の消費への総動員であることを示す。つまり、商品流通の調査を必要とする「消費の物流管理」、そしてゲームへの誘因およびゲームのマニュアルとしてのアニメーシの役割を考察する。

  • タイトル(英語)
Media Mix Mobilization: Social Mobilization and Yo-Kai Watch
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
12(3)
  • 掲載誌ページ
244–258
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847717739565
  • DOI
10.1177/1746847717739565
  • キーワード

関連する一覧

アニメ