アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

シミュレーションと不可視性の労働:ハルーン・ファロッキのマニュアル

この記事では、コンピュータアニメーションのイメージジャンルを切り開くファロッキの4部構成のフィルムサイクルParallel I-IVに焦点を当てる。Parallel I-IVでは、1980年代の雑な作りの2次元画像から、グランド・セフト・オートVなど現代的なタイトルの超リアルな環境まで、ビデオゲームのグラフィックスの進化をたどっている。この記事では、ファロッキの幅広い仕事とテーマのおもしろさに関連して、フィルムサイクルを位置づけている。同時に、パラレルI-IVが映画史のメディア考古学的な再評価にどのように行き着くかを考察する。5つの相互に関連したトピックが扱われている。それらは、表現と再生、操作可能なイメージ、監視と軍隊、シミュレーションと役割演技、不可視性の労働と労働の不可視性である。

  • タイトル(英語)
Simulation and the Labour of Invisibility: Harun Farocki’s Life Manuals
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
12(3)
  • 掲載誌ページ
214–229
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847717740095
  • DOI
10.1177/1746847717740095
  • キーワード

関連する一覧