アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

過去を混乱させること、アダム・エリオットのクレイムネーションにおける未来を切り開くこと

オーストラリアのアニメーターであるアダム・エリオットは、障害を持つ人々の経験を説明することに専念している。エリオットの最初の三部作 - おじさん(1996)、いとこ(1999)、兄(2000) - は、ナレーションが障害をもつ最愛の家族の思い起こさせる黒と白の粘土人形を使ったアニメーション(クレイメーション)である。この記事は、エリオットのクレイメーションにおける身体障害者の分析と、観客に喚起される可能性のある巧妙な倫理の中で、障害研究、現象論、映画研究についても触れている。著者は、エリオットの「クレイオグラフィー」は、それを切望して過去を狂わせ、障害者の疎外を批判して未来を切り裂き、人生の『アウト・オブ・ライン』への思いを募らせると主張している。三部作のハイブリッド性は「国内の民族誌」のドキュメンタリーやホームビデオの混合体であり、それは記憶の暗い領域へ入ることを可能にする架空のフィルム·ノワールと親しい「他人」を中央に配置している。視聴者には、身体の脆弱性とはかなさを強調し、悲劇的でインスピレーション的な形ではなく、人間の存在と切り離すことのできない身体的な体験が提供されている。これらの正反対の映画的様式とジャンルを粘土で表現することによって、障害は倫理的な思い出を通して作られた人の経験という定義で表現されている。

  • タイトル(英語)
Disorienting the Past, Cripping the Future in Adam Elliot’s Claymation
  • 発表年
2017年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
12(2)
  • 掲載誌ページ
123–137
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847717716255
  • DOI
10.1177/1746847717716255
  • キーワード

関連する一覧