アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

カロル・イルジコフスキとフェリクス・クチコフスキ:純粋なムーブメントの映画としてのアニメーション(理論)

カロル・イルジコフスキの「10人目の女神:映画の美学的諸側面(1924)」は、ポーランド語での映画としての映画の地位を探求した最初の拡張研究である。この記事では、彼のアニメーション映画の理論に関連するイルジコフスキの本のこれらの側面を調べる。著者が示しているように、イルジコフスキのアニメーションの認識は、ポーランドのアニメーター、フェリクス・クチコフスキ、イルジコフスキのポール・ウェゲナーの映画の賞賛との関係の効果として見ることができる。しかし、議論されるように、イルジコフスキは、絵画と彫刻をしたのと同じように映画を常に芸術と見なすとは限らなかった。ドイツの批判的思想家ルドルフ・マリア・ホルツァッフェルの適切で不適切な芸術の理論であり、イルジコフスキが映画としての彼の見解を芸術として再考したのは、著者の主張である。示されるように、イルジコフスキのアニメーション映画の理論は、主にクチコフスキの作品に精通して開発され、クチコフスキは1916年以来アニメ映画を作った唯一のポーランド人である。現代の多くの芸術の発達に沿って、クチコフスキは彼の映画を「合成映像作品」の原則に従って制作した。彼の革新的なアイデアは、ヤン・レニカやワレリアン・ボロウチクのようなポーランドのアニメーションの重要な人物に影響を与えたと考えられている。イルジコフスキの理論の側面は、1930年代のジャル・クレークとステファン・テイマーソンのようなポーランドの前衛的な映画制作者のの作品に見られる。この記事では、イルジコフスキとクチコフスキの間の関係が、後に出現する映画アヴァンギャルドに関連して見られるように、理論と実践との間の対話を確立するために不可欠であったことを実証する。

  • タイトル(英語)
Karol Irzykowski and Feliks Kuczkowski: (Theory of) Animation as the Cinema of Pure Movement
  • 発表年
2016年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
11(3)
  • 掲載誌ページ
284–296
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847716660685
  • DOI
10.1177/1746847716660685
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション