アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

アニメーションから拡張まで:電脳コイルと複合自己

拡張された現実の層で都市が覆われているとき、どのような影がこの新しい能力によって投影されて見えるか?日本のアニメシリーズの電脳コイルは、拡張現実の眼鏡が、今日スマートフォンのように日々の生活に欠かせないものとなってきている近い将来の社会に住む子供たちのグループを追って、この問題をまさ探求している。ユビキタスコンピューティングにおける「縫い目のない」デザインについての議論とデジタル画像合成におけるアルファチャンネルの役割についての議論とを比較すると、作者は、アニメ化されたイメージを日々の生活空間に取り入れてきた長い歴史の一部として、拡張現実感の感覚環境を理解することを主張する。この記事では、個人が新しく増強された世界のプロトコルを探求しながら、作者が「複合自己」と呼んでいるものを育て、調整することを求めて、個人に課される新しい身体的、心理的要求を探究する。

  • タイトル(英語)
From Animation to Augmentation: Dennō Coil and the Composited Self
  • 発表年
2016年
  • 著者
  • 関連作家
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
11(3)
  • 掲載誌ページ
228–245
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847716667571
  • DOI
10.1177/1746847716667571
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション
アニメ