アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

モーショングラフィックスの有効性に関する研究:複雑なアニメーションがモーショングラフィックスによって提示された説明に及ぼす影響

モーショングラフィックス(MG)は、情報を提供し、ビューアーを楽しませるために、様々な場所で利用されている。ほとんどのグラフィックスは複雑な仕上がりで、複雑なアニメーションを使用して主題の視覚的説明を表示したり(展示)、物語を伝えたりする。複雑なMGアニメーションでは、動的仮想カメラと深度マーカーの使用、視覚的に明確な現象によって提示されるモーション、そしてフォトリアリスティックレンダリングによって表現される。現在のところ、一般的にMGに関する経験的研究はほとんどなく、複雑なアニメーションがMGに関連した視聴経験に及ぼす影響もほとんどない。この記事で紹介された準実験的研究の目標は、視聴者が視覚的説明を提供する解説グラフィックとどのように対話し、視聴体験の異なる側面に対処する2つの理論の合成に従ってこの相互作用を特徴付けるかを探究することであった。この結果は、MGの視聴経験が動的であり、複雑なアニメーションが視聴者にとって有益であることを示唆している。

  • タイトル(英語)
Studies in the Efficacy of Motion Graphics: The Effects of Complex Animation on the Exposition Offered by Motion Graphics
  • 発表年
2016年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
11(2)
  • 掲載誌ページ
146–168
  • 掲載誌ウェブページ
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1746847716637823
  • DOI
10.1177/1746847716637823
  • キーワード

関連する一覧