アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

間テクスト的映画としてのアニメーション:Nezha Naohai(邦題:わんぱくナージャの竜王退治)

本論文は「わんぱくナージャの竜王退治」の間テクスト的読解である。「わんぱくナージャの竜王退治」は、中華人民共和国(PRC)のアニメーションフィルムスタジオ大手である上海アニメーションフィルムスタジオが1950年から1980年にかけて製作した2作めのセルアニメである。1979年に公開された「わんぱくナージャの竜王退治」のストーリーは、勇敢な神の子に関する16世紀の明朝の有名な小説の3つの章を改作している。「わんぱくナージャの竜王退治」が公開された1979年はPRC映画のヒーローにとってターニングポイントである。「わんぱくナージャの竜王退治」のビジュアルデザインは手塚治虫の「鉄腕アトム」と中国共産党のスポーツ宣伝活動の合体のように思われる。チーフディレクターでシナリオライターでもあるWang Shuchen(ワン・シュウチェン)は、この映画を文化大革命後のファンタジックな主題への回帰だと考えた。「わんぱくナージャの竜王退治」はPRCの映画における神話的なテーマへの回帰を示唆し、今後の社会的および文化的矛盾が生じる傾向を示しながら簡潔で自由なフィナーレで終わる。

  • タイトル(英語)
Animation as Intertextual Cinema: Nezha Naohai (Nezha Conquers the Dragon King)
  • 発表年
2015年
  • 著者
  • 関連作家
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
10(3)
  • 掲載誌ページ
205-221
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/10/3/205.abstract
  • DOI
10.1177/1746847715605608
  • キーワード

関連する一覧