アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

舞台裏で:Autodesk Mayaの研究

オートメーションは、コンピュータ生成アニメーションを取り巻く多くの議論の中心にある。まれにニュートラルな用語として使われ、しばしば技術のヒューマンユーザーのコントロール外のところで何らかの実践内容に変化を与えるマーカーであり、時に機関が設立される驚異的な用語である。このオートメーションとコンピュータアニメーションソフトウェアに対する理解が、ソフトウェアの研究からの洞察によって複雑化されることがある。したがって、特定のモデラーとアニメーターにおいて、3DアニメーションソフトウェアAutodesk Mayaは、ソフトウェアのユーザーとのインタビューとともにユーザーインタフェースの視覚的組織の解析を配置する方法によって調査される。インタビュー素材のディスカッションは、表現力豊かなプロセッシングについてのNoah Wardrip-Fruinの考えとソフトウェアと機関のAdrian Mackenzieの説明で構成される。提案される論はユーザーがユーザーインタフェースでそれらの相互作用を経てソフトウェアのオートメーションを経験するということであり、むしろヒューマンユーザーとオートメーションの対照的要素を通して生成される情報である。

  • タイトル(英語)
Behind the Scenes: A Study of Autodesk Maya
  • 発表年
2014年
  • 著者
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
9(3)
  • 掲載誌ページ
317-332
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/9/3/317.abstract
  • DOI
10.1177/1746847714546247
  • キーワード

関連する一覧