アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

外映画的アニメーション――グレゴリー・バーサミアンとスーザン・バカンの対話

グレゴリー・バーサミアンのストロボライトを用いたキネティック彫刻は、鑑賞者に知覚上の矛盾を経験させる。つまり、鑑賞者の時空間上の物理的現前を共有する実際の事物の現象的現前と、アニメーション映画のイリュージョンとのあいだを揺れ動く経験なのだ。この対話で明らかにされるのは、バーサミアンの制作の方法論、その美学的・哲学的影響および意図、そしてアニメーションによるイリュージョンに対し芸術家として持っている関係性である。

  • タイトル(英語)
Extracinematic Animation: Gregory Barsamian in Conversation with Suzanne Buchan
  • 発表年
2008年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
3(3)
  • 掲載誌ページ
288-305
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/3/3/288.abstract
  • DOI
10.1177/1746847708096730
  • キーワード

関連する一覧