アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

ディズニー製アニメーション・プロパガンダの消滅――グローバル化という観点から

この論文では、ディズニー製作の1940年代のプロパガンダ・アニメーションについて、グローバリゼーションに関する文献、メディア研究、社会学、コミュニケーション研究の観点から考察する。9.11やイラク戦争の例を用いつつ、著者は、第二次世界大戦以降の、メディア企業、テクノロジー、政治における変化が、アニメーションによるプロパガンダに対してどのように制約をもたらすようになったかを明らかにする。この変化に影響を与えている要因のひとつとして、映画、テレビ、インターネットへと至る断片化されたメディアの拡散に起因し、大衆としての観客が消滅したことが挙げられる。さらには、電子化されたコミュニケーションが情報の民主的交換をさらに促すことで、市民に対する国民国家の影響力を減少させていることも挙げられる。今日、アニメーションによるプロパガンダは、ニュース番組のシミュレーションやインターネット上のカリカチュアをはじめとした別の形式において存在する。それらは、大手のウェブサイトやケーブルテレビのチャンネル上において、「草の根」的なアプローチを行なう。

  • タイトル(英語)
The Disappearance of Disney Animated Propaganda: A Globalization Perspective
  • 発表年
2007年
  • 著者
  • 関連作家
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
2(2)
  • 掲載誌ページ
153-169
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/2/2/153.abstract
  • DOI
10.1177/1746847707074703
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション