アニメーション研究のための
論文と書籍のデータベースサイト

This Item in English

影の市民からテフロン・スターへ――新しいムーヴィング・イメージ技術の変容する効果の受容

本稿は、ムーヴィング・イメージ技術の文化的受容史に区切りをつける、奇妙な二つの儚い瞬間を調査、比較する。マクシム・ゴーリキーは、かつて「呪われた灰色の影」(1896年)という見地から初期の映画イメージを読み取ったことがある。一方、最近の評論家たちは、坂口博信の『ファイナルファンタジー』(2001)に関して、同映画のCGの役者たちを死体、ダミー、シリコン皮膚のマネキンと評してきた。本稿は、そういった不気味さを呼び起こすのは、そういった映像自体が馴染みのない新しい美学で作られたからというだけではないことを主張する。それらのイメージはむしろ、特定の文化的な枠組の内部で受け入れられるものなのであり、あるイメージが奇妙であるという知覚は、その時代において何が「人間」と見なされているのかを物語っているのだ。

  • タイトル(英語)
From Shadow Citizens to Teflon Stars: Reception of the Transfiguring Effects of New Moving Image Technologies
  • 発表年
2006年
  • 著者
  • 関連作家
  • 関連作品
  • 掲載誌
Animation: An Interdisciplinary Journal
  • 掲載誌巻号
1(2)
  • 掲載誌ページ
173-189
  • 掲載誌ウェブページ
http://anm.sagepub.com/content/1/2/173.abstract
  • DOI
10.1177/1746847706068901
  • キーワード

関連する一覧

アニメーション